Amazon

お値段以上!使えばわかるスゴいやつ!フィリップス ソニッケアー HX6554/07の機能、使い心地を徹底レポート!動画付き

こんにちは、歯医者にひと月で25万円支払ったヒトネリ(@hitoneri)です。

ちなみに来月は30万円払います。。。

毎日、歯は磨いているけど虫歯になる人、歯が銀歯の人がいると思います。

私もその一人。歯医者にトータル100万円近く払ってます。いやもっとかな。。。

歯は毎日磨いているし、清潔な状態にしているつもりでも、虫歯ができて、歯科医に「これは大工事ですね」と言われるしまつ。。。マジ凹み。

この記事を書いているのは多くの人に、私のように歯医者に100万円近くを払って欲しくないので書いています。

実際、手元に100万あったらもっと楽しいことに使いたいですよね!

虫歯じゃなかったら、

  • キュイーーンとした嫌な音
  • 歯医者独特のにおい
  • 虫歯の痛いをすることもない。

さらに、こんな上のような思いをして歯医者に100万も払わなくてもいいわけですよ。

今回から歯医者に「年間2万円は払わない、ふざけんな」をテーマに記事を書いていきます。

 

その第一弾として新しく我が家に導入した電動歯ブラシを紹介します。

なんで電動歯磨きを買ったのか?それは手磨きよりも綺麗に磨けそうだったからです。安易ですが、最高な判断だと思っています。

そして手頃な金額で性能が良さそうな商品をAmazonで見つけたのでレビューしていきます。

今回購入したのは、電動歯ブラシと言えばこのメーカー「フィリップス」

フィリップス ソニッケアー HX6554/07 イージークリーンです。

音波式電動歯ブラシで値段も5000円未満と手頃。そしてAmazonとフィリップス公式での評価もよかったので購入を決めました。

Amazonの評価が上で、下がフィリップス公式HPの評価です。

Amazonでの評価は 星4.4

PHILIPS公式の評価は 星4.5

これだけ評価が高かったら初めて購入しても満足するだろうということで決めました。

今回はPHILIPS(フィリップス)ソニッケアー HX6554/07をレビューをいたします。

フィリップス ソニッケアー HX6554/07の外観と付属品

フィリップス ソニッケアー HX6554/07の元箱は黒のシックなデザイン

元箱を開封するとブラッシング効果を得るにはブラシヘッドを3ヶ月ごとに交換するといいことが書かれています。

販促の意味もあるでしょうが、歯磨き効果を高めるなら従っておいて損はありません。

次は付属品を見てみましょう。

フィリップス ソニッケアー HX6554/07の付属品は取扱説明書、ハンドル(本体)、ブラシヘッド×1本、充電器の4つ

付属品は必要な物以外は一切入っていないという感じです。

上位機種だともっと沢山入っていると思いますが、電動歯ブラシ初心者の私にはこれくらいがベスト。

フィリップス ソニッケアー HX6554/07の機能

フィリップス ソニッケアー HX6554/07のハンドルには電源ボタンしかありません。

電源ボタンを長押し電源が入るので余計なことを考えなくて歯磨きができます。もう一度長押しをすれば切れます。

電源ONで2分すれば勝手に電源がOFFになるので安心です。

ソニックケアーに慣れろ!イージースタート機能

私のような初心者が初めてソニックケアーを使うと、電動ブラシ特有の振動に慣れずに使わなくなってしまうことがあります。

それを回避するために、はじめは弱い振動から初めて、慣れてきたら普通の振動にするのが良いそうです。

取扱説明書には「初めてソニックケアーを使い始めて15回目のブラッシングで通常のブラッシングに切り替わります。」と記載があります。なので15回目までは自動的にイージースタート機能がONの状態になっています。

ただ、全員が15回目で慣れるわけではないので、自分のペースでON、OFFして調整しながらやるのが良さそうです。

設定方法は簡単!短い動画を撮影しました。振動の違いも比べてみてください。

電源ボタンを約2秒長押ししてビーブ音が1回なったらイージースタート機能はOFFになります。

※音が出るので注意

電源ボタンを約2秒長押ししてビーブ音が2回なったらイージースタート機能はONになります。

※音が出るので注意

2分で強制停止!スマートタイマー機能

取扱説明書には「米国の歯科専門家は1日2回、各2分間以上のブラッシング時間を推奨しています。」の記述があります。

これを噛み砕くと、2分ぐらいのサイクルで歯磨きをしていこうよ。ってことだと思います。

2分以上がダメということではなく、ソニックケアーで数十分と歯磨きしても意味がないということでしょう。

なので区切りとして電源ONで2分を1サイクルと考えていればいいと思います。

30秒で違う場所をブラッシングせよ!カドペーサー機能

スマートタイマー機能で2分の区切りはわかったとして、じゃあ、自分でカウントすんの?

と思ったあなた!そこも考えられています。

その機能がカドペーサー機能で、30秒毎にビーブ音がなり振動が一瞬止まります。この時に右側から左側に移動させるなどをすると効率的に歯磨きができるというわけです。

※音が出るので注意

磨き方の参考例があったので載せておきます。

取扱説明書を見る限り、口の中を上下を2つに分けて左右も二つに分け、各30秒づつブラッシングすると2分で表側が終了。

続いて2分で裏側をブラッシングするとかみ合わせ部分以外は綺麗になる計算になります。

フィリップス ソニッケアー HX6554/07の実際の使用感

実際にフィリップス ソニッケアー HX6554/07を使った率直な感想は「くすぐったい」そして「うるいさ」です。

これは取扱説明書にも書いていましたが、慣れれば大丈夫になるんだと思います。

まず「くすぐったい」は、これまで手磨きで行っていた行為を急に電動にしたら、仕方がないです。完全に慣れるまで仕方がないです。だからイージースタート機能があるわけでなので、マジで神設計だと感じました。

ちなみにイージースタート機能をOFFでやったらまだ無理。痒い、痒い!!

そして音ですが、これを解消することは無理でしょう。

静かに使う場面があるなら普通の歯ブラシを使うしかありません。この音があるから普通の歯磨きに比べて圧倒的なブラッシングができると思えば気にする必要もなくなります。

歯医者にこれ以上お金を払いたくない!電動歯ブラシと歯間ブラシの最強コンビ!これで虫歯も怖くない!!こんにちは、ヒトネリ(@hitoneri)です。 みなさん、歯の健康とか気をつけていますか? 私はこれまでの歯医者代がトータ...

本体の長さは?使いにくいのは慣れないから?

本体の長さは、今まで使っていた歯ブラシの約1.5倍ほどの長さ。これは少し戸惑った。

特に苦労するのが前歯をブラッシングするとき。この時はこの長さが邪魔くさく感じることがあるので、できたらもう少し短いほうがいいかな。

奥歯のブラッシングはむしろこの長さがちょうどいいと感じます。

太さはいいです。これ以上太いと持ちづらい絶妙な太さ!

歯磨き粉は使わなくていい!これはお好みらしい

ソニッケアーを使うときは歯磨き粉は使わなくてもいいらしいです。これは驚きました!

調べたら電動歯ブラシは歯の表面をなぞるように当てるので、何もつけなくても効率的にブラッシングできるためだそうです。そのため基本的に歯磨き粉は使わなくてもいいらしいです。

実際に試しても歯の表面をなぞるように当ててブラッシングをしたら、歯の表面はツルツル。見事にブラッシングができていると感じました!

でも、何かもの足りなさを感じたので、ソニッケアーのブラッシング後に、手持ちの歯磨きでサクッと歯磨き粉をつけて「ダブルブラッシング」をしています。

なんか磨いてる感あって「ダブル歯磨き」すごく良いです。

上手な磨き方でソニックケアーマスターへ!

取扱説明書に上手な磨き方が書いてありました。

ソニックケアー初心者の私には本当にありがたい。

基本的に歯にブラシをそっと「あてて」ブラッシングするのが効果みたいです。

ソニックケアーに限らず、電動歯ブラシでゴシゴシするのは逆効果になるそうです。

ついついやってしまいますが、そこはジッと我慢です。

ソニックケアーなどの電動歯ブラシ使用の注意点

歯列矯正装置や治療中の歯があるときは、ソニックケアーの使用に問題はないどうです。

ですが、念のため歯科医に一度相談して今の状態でのブラッシングはどうすれば良いのかを相談するといいでしょう。

何かあってからでは遅いですからね。

また、替えのブラシヘッドは3ヶ月ごとに交換すると歯垢除去率が最大28%取れるそうです。

定期的に交換は必要なのでここも忘れずに交換していきましょう。

フィリップス ソニッケアー HX6554/07のまとめ

フィリップス ソニッケアー HX6554/07はソニックケアーシリーズの中でも安価の部類に入る商品になります。

上位機種が3万以上するのに対して今回のHX6554/07は5,000円未満で安い。

ソニックケアー上級者にはきっと考えられないかもしれないですが、初めてのソニックケアーならこれで十分だと感じました。

実際、使用した感じだと歯の表面もツルツルになりスッキリとした爽快感すらあります。さらに私は歯磨き粉を使って歯磨きをする「ダブルブラッシング」でより効果を高めています。

今回使ってみて、私は必要最低限の機能があれば十分だと感じましたし、沢山の機能は必要ないと思う人には本当におすすめです。

また、私のように歯医者に100万近くお金をプレゼントしたくない人は、今すぐに電動歯ブラシに変えるべきです!

特に20代で金のない一人暮らしならなおさら!そして虫歯体質の人は初期投資としては高いですが、トータルコストは格段に変わってきます。もちろん、毎日、毎食後に磨くのが前提です。

もう歯医者に年○○万円もかけるのは本当にやめましょう。そのお金があれば他に沢山のことにお金を使えます。

私が掲げた歯医者に「年間2万円は払わない」は実現可能だと信じています。

虫歯体質の人は早めの対応が身を結びますよ。

最後に

この記事が少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

この記事があなたがの役に立てたならSNSで拡散してもらうと嬉しいです。

他にも為になる記事を書いているので、時間があれば巡回してみてください。

読んでくれて、ありがとうございます。

これからもあなたのためになるような記事を書いていきます。

それでは、ヒトネリ(@hitoneri)でした。

ABOUT ME
ヒトネリ
音楽、本、映画を見ることが好き。たまに頑張って仕事しています。趣味でセールスライターの勉強をしていたのでそこそこ書けます。誰かの人生が少しでも豊かになるコンテンツを配信していきます。
読まれています