お金&節約術

日本経済新聞の料金を無料にできる!年額58,800円の節約術

こんにちは、情報に飲み込まれているヒトネリ(@hitoneri)です

月額4,900円する日本経済新聞を無料で読むことができる方法を紹介します。

結論からいうと、楽天証券に口座開設すれば経新聞の情報を無料で読めます。

あなたが日経新聞と契約をしていたら、1年間で58,800円を節約できる方法です。

58,800円が節約できたら何に使いますか?

今回は日経新聞の情報をタダで読める方法を紹介していきます。

楽天証券に申し込むと無料で日経新聞が読める

楽天証券が口座開設してくれた人のサービスのために楽天証券版とした「日経テレコン」を無料で提供しています。

このサービスにより、楽天証券口座開設者は日経新聞を無料で読むことができます。

日経テレコン(楽天証券版)では、以下の記事が読めます。

  • 日本経済新聞(朝刊・夕刊)
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(流通新聞)
  • 日経地方経済面

新聞記事は過去3日分を読み返すことができ、直近で起こった情報を読み直すことができます。

また、日経テレコンの豊富な情報を過去1年分の新聞記事を検索できるようにもなります。

配信レイアウトは楽天証券向けにカスタマイズされているので本家、日経新聞とは形は違いますが、記事の精度は一緒です。

価格比較!年間58,800円節約できる楽天証券なら利用が無料!

楽天証券と日経新聞の価格比較を行っていきます。

プラン 日経テレコン(楽天電子版) 日本経済新聞(朝・夕) 日経電子版 日経Wプラン

(日経新聞+電子版)  

月額 0円 4,900円 4,277円 5,900円
年額 0円 58,800円 51,324円 70,800円

表示は税込です

楽天証券の日経テレコンに申し込むと0円。情報量は同じでこの金額差は大きいですね。

見やすさを比較!大きい紙面は日経新聞、日経電子版が有利!

楽天証券の日経テレコンは新聞のようなビューア機能がありません。(一部PDFがあり)

ネットのニュース記事のようなテキストだけの形式なので、大事なニュースなどを見落としがちになります。

新聞なら紙面に大きな見出しなどが出ているので、自分が知らないニュースであっても大事なニュースなのが分かります。

ですが、楽天証券の日経テレコンだと、どれが大事なニュースなのか、そうじゃないのか、などの見分けがつきません。

そのため見やすさは圧倒的に日経新聞が有利になります。

過去記事、情報の検索のしやすさ

楽天の日経テレコンは直近3日間の情報を読むことができます。

日経は過去30日間の記事、情報を精査して情報を集めることができます。

情報量の多さで言えば日経が良いと思います。

ここまでは楽天証券と日本経済新聞&日経電子版などの違いについてお伝えしました。次は口座開設についてお伝えします。

楽天証券に口座開設

楽天証券の口座開設は無料です。しかも維持費なども一切かからないので安心です。

私は口座開設して2年になりますが、お金は一切取られていません。

楽天証券の口座開設→「楽天証券」

そして最近はNISAやiDeCoなど気軽に始めることができる投資も増えてきています。

写真の評価は「みんなの株式」の楽天証券の総合評価になります。

低くもなく、それほど高くもないと言った評価でしょう。

悪い口コミなども見る見る必要はありますが、日経テレコンで日経ニュースを閲覧するなら評価は気にする必要はないと思います。

ちなみに、株の取引をするにも楽天証券は良いと思う理由は

  • 取引しながら楽天ポイントが貯まる!
  • 60万人が利用する超人気取引ツール「MarketSpeed」
  • 楽天会員なら口座開設が最短30秒で完了します!
  • 楽天ポイントでお得に投資ができる!

特に、楽天ポイントで気軽に投資をすることができるのは嬉しいと感じます。

「みんなの株式」の評価は参考になりましたか?日経テレコンを見るためなら、評価をそれほど気にすることもありません。次は使えるデバイス、アプリを紹介します。

楽天証券で日経テレコンを読むデバイス、アプリ

楽天証券で日経テレコンを読むには、スマートフォンならスマホアプリ「iSPEED(アイスピード)」を、パソコンなら「マーケットスピード」を用意します。どちらも楽天証券のページからダウンロードできます。

Macの人はマーケットスピード(Mac版)をダウンロードしてください。

iPadで見たい人はiSPEED for iPadをダウンロードしてください。

パソコンはもちろん、タブレット、スマートフィンなど沢山のデバイスで読むことができます。次は具体的なアプリの操作手順を紹介していきます。

日経テレコンを読むための具体的な手順

日経テレコンをスマートフォンで見る

多くの人がスマートフォンで見ると思うのでスマートフォンで日経テレコンを見る方法を紹介します。

楽天証券で口座開設をした後にiSPEED fom MOBILEをダウンロードする

ダウンロードしたらアプリを立ち上げて「ID」「PASS」を入力して「ログイン」する

ログインをしたら下の「メニュー」を押して下に少しスクロール。

スクロールをすると「日経テレコン」があるのでクリック

画面が規約に移るので「同意する」をクリック。※この画面は毎回出ます。

WEB画面に切り替わるので、これで好きなニュースを見ることができます。

右上のの三本線を押すと「ニュース」「きょうの新聞」「記事検索」ができます。

この操作方法はiPhoneでもAndroidでも全く同じです。

端末をiPhone⇄Androidに変更しても操作性は変わりません。

まとめ

今回は楽天証券を使って日経新聞をタダで見る方法を紹介しました。

楽天証券に口座開設する手間はありますが、毎月4,900円、年額58,800円が節税できるのは財布に嬉しいです。

しかも口座開設、口座維持費用も無料。こんなにお得なことはありません。

日経新聞の内容を3日間見ること、記事検索なら1年間分を見ることができます。

仮に取引にも興味を持ったらそのまま口座にお金を入金して取引することができます。

気軽にできる楽天ポイントでの取引もやってみたくなりますね。

では、今回はこれで、ヒトネリ(@hitoneri)でした。

ABOUT ME
アバター
ヒトネリ
音楽、本、映画を見ることが好き。たまに頑張って仕事しています。趣味でセールスライターの勉強をしていたのでそこそこ書けます。誰かの人生が少しでも豊かになるコンテンツを配信していきます。
読まれています