お金&節約術

エアコン節約術。快適に過ごして節約できる裏技を紹介。今すぐ簡単で効果ありの8技。

環境省 COOL CHOICE
  1. エアコンはオン・オフを切り替えるより付けっぱなしがお得!
  2. 設定温度を1度上げると10%節電になる
  3. 風量は「微風」より「自動」が節電効果が高い!
  4. 設定温度を下げる前に風量を変える
  5. 扇風機やサーキュレーターを使って空気を巡回させる
  6. 冬は加湿器を使えば室温がUP!!
  7. 遮光カーテン、遮熱シートを使って室温をキープする
  8. エアコンの掃除は2週間に1度が理想

細かなやり方を見るなら、上の説明をまた見てください。

他に節約術があれば、教えてください。その時は追記をして内容を充実させていきます。

では、今回はこれで、ヒトネリ(@hitoneri)でした。

わざわざ見返さないようにここで簡単にまとめて書いておきます。

  1. エアコンはオン・オフを切り替えるより付けっぱなしがお得!
  2. 設定温度を1度上げると10%節電になる
  3. 風量は「微風」より「自動」が節電効果が高い!
  4. 設定温度を下げる前に風量を変える
  5. 扇風機やサーキュレーターを使って空気を巡回させる
  6. 冬は加湿器を使えば室温がUP!!
  7. 遮光カーテン、遮熱シートを使って室温をキープする
  8. エアコンの掃除は2週間に1度が理想

細かなやり方を見るなら、上の説明をまた見てください。

他に節約術があれば、教えてください。その時は追記をして内容を充実させていきます。

では、今回はこれで、ヒトネリ(@hitoneri)でした。

目次

【節電1】エアコンはオン・オフを切り替えるより付けっぱなしがお得!

暑くなったらエアコンの電源をオンにして、寒くなったらオフにするなど、オンオフを繰り返していませんか?こまめに切り替えているので電気代が安くなっている気がしますが、むしろ、そのやり方は電気代を損している使いかたです。

エアコンは稼働直後一番、消費電力を使います。エアコンをつけると「ボォォォーー」と大きな音がするのはそのためです。そして設定温度になるまで全力で稼働します。

そして設定温度になってから度々稼働するぐらいなので、実はあまり電気力を使うことがありません。

それに比べて、毎回、電源をオンオフをしていると、いつも全力で稼働するため電気代がかかります。そのため、つけっ放しに比べて月1000円程度、電気代に差がでます。

自宅にずっといるなら「エアコンをつけっ放しにする」のが節電効果が高く、快適に過ごす秘訣です。電源オンで快適に過ごせて、さらに節電もできるなら一石二鳥ですよね、

【節電2】設定温度を1度上げると10%節電になる

部屋の設定温度は1度上げるだけで10%も節電できるって知っていましたか?

これはエアコンの設定温度を26度から28に変更すれば20%も節電ができるということです。普段から比較的低い設定温度なら3度上げるだけで30%も節電ができる計算になります。

今すぐに始められる簡単な節電方法です。

【節電3】風量は「微風」より「自動」が節電効果が高い!

電気代節約のために風量を「微風」にしていませんか?一番効果的な節電は「自動」にすることです。

夏場の「微風」だと設定気温まで少しのパワーで温度を下げていきます。冬場ならゆっくりと設定温度を上げている状態です。例えるなら登り坂をゆっくり自転車で登るようなものです。

 

これを「自動」にすると一気に設定温度まで出力を上げて、温度に達したらあとは一定温度を維持するだけです。例えるなら自転車で一気に登り坂を登って、あとはのんびりしているのと同じです。

どちらが快適に過ごせて、電気代がお得なのか、もうお分かりですね。

【節電4】設定温度を下げる前に風量を変える

これは意外と知らない人も多いんじゃないでしょうか?

実はエアコンの設定温度を変える前に風量を変えると節電できるんです。部屋の室温が高いとどうしても温度を下げて冷やそうとしますが、これからは風量をまず変えてみてください。

これは体感温度にも関係しますが、人は強い風が当たると寒いと感じます。気温が30度で風が強い日は涼しいと感じます。同じ気温で風が弱い暑いと感じます。それと同じです。

エアコンは温度を下げると中のコンプレッサーで冷やすので消費電力が高くなります。そうなると必然的に電気代が上がります。風力なら冷やす行為よりは消費電力はそれほど使わないので結果的に節電になります。 http://hitoneri.com/archives/97

【節電5】扇風機やサーキュレーターを使って空気を巡回させる

扇風機やサーキュレーターを、持っているなら、快適に過ごすために使ってください。

夏場なら扇風機を自分の体に当てることで、エアコンの設定温度はそのままで涼しさを倍増させることができます。

冬場は暖かい温度を部屋中に巡回させることができるので、部屋全体を暖かくできます。これだけで部屋着の枚数は1枚はなくなります。

一人暮らしでロフトタイプの部屋を使っている人もいると思います。ロフトだと冬は暖かく、夏は暑いと感じる人が多いかもしれません。その理由はエアコンから出た冷たい空気は下のスペースに流れ、暑い空気は上に登るのが原因です。

これを解決させるには、扇風機やサーキュレーターの首を上に向けて冷たい空気を上に流してあげることで解消できます。ぜひ、試してみてください。

【節電6】冬は加湿器を使えば室温がUP!!

冬場にエアコンだけで室温を高めようとすると、乾燥して風邪を引きやすくなります。それを防ぐ役割と室温を高める効果があるのが加湿器です。

室内で快適な湿度は40~60%とされています。40%以下だとウイルスが繁殖したり、肌荒れの原因になります。逆に60%以上になるとカビが発生する原因になるので快適な湿度、40~60%をキープした生活が理想です。

また湿度が50%で室温が20度前後あれば、一枚着るぐらいで快適に過ごすことはできます。

年に1シーズンしか使わないものですが、生活をする上であって損はないので、1台は購入したいところです。

加湿だけなら性能の良い機種を買う必要はありません。ご自身の生活にあった機種を購入するのが1番ですね。

【節電7】遮光カーテン、遮熱シートを使って室温をキープする

夏場の熱を防ぐのも、冬場の室内温度を閉じ込めるのも窓ガラスをどう攻略するかにかかっています。そのために必要なのが遮光カーテンや遮熱シートです。

遮光カーテンは、窓から入ってくる外気を物理的に遮断します。室内は暗くなりますが、部屋の温度を逃さないので効果があります。

カーテンが気に入っている場合は遮熱シートがおすすめです。金額的にも手頃で窓に貼り付けるだけなので手間もほとんどありません。

選ぶときは濃い色のものを選ぶと遮熱力は高くなります。その分、視認性は下がりますが、節約には効果バツグンです。ライフスタイルに合った遮熱シートを選ぶのが良いですね。

【節電8】エアコンの掃除は2週間に1度が理想

エアコンの掃除っていつやりましたか?と聞かれたら「・・・」と固まってしまいますよね。年に数回の方もいると思いますし、数年に1度と言う人も少なくないと思います。

でも、本当は2週間に1度、部屋掃除と同じタイミングで掃除をしてあげることが理想です。(あくまでも理想です)本格的清掃は業者にお願いをする必要がありますが、簡単なフィルター清掃ならすぐにできますので、機会を見つけてやってみてください。

フィルターの取り外し方はメーカーにより変わってくると思うので、取扱説明書を読んでください。結構簡単に掃除ができますよ。実際に掃除をするとエアコンの音が違って聞こえたり、エアコンの匂いも変わっているように感じます。

私はワンシーズンに1回程度しかやらなかった人なので、今度からは最低でも月に1度は掃除をするように心がけています。※見本にならなくてすいません。

まとめ

今年の夏もエアコンが大活躍することは間違いないでしょう。年々暑くなるといっあデータもあるので不安です。

そして最近のテレワークの働き方で自宅で仕事をする人も多くなってきました。

その時に重宝するのがエアコンです。そのエアコンを今年から上手に使って節電と快適な付き合いを方をしてみてはどうですか?

すぐにできる節電の方法から、物を購入する節電方法を紹介させてもらいました。あなたのライフスタイルにあった節電をしてみてください。

わざわざ見返さないようにここで簡単にまとめて書いておきます。

  1. エアコンはオン・オフを切り替えるより付けっぱなしがお得!
  2. 設定温度を1度上げると10%節電になる
  3. 風量は「微風」より「自動」が節電効果が高い!
  4. 設定温度を下げる前に風量を変える
  5. 扇風機やサーキュレーターを使って空気を巡回させる
  6. 冬は加湿器を使えば室温がUP!!
  7. 遮光カーテン、遮熱シートを使って室温をキープする
  8. エアコンの掃除は2週間に1度が理想

細かなやり方を見るなら、上の説明をまた見てください。

他に節約術があれば、教えてください。その時は追記をして内容を充実させていきます。

では、今回はこれで、ヒトネリ(@hitoneri)でした。

こんにちは、アイスコーヒーが好きなヒトネリ(@hitoneri)です。 最近は夏前でも30度近くまで気温が上がって暑くて仕方がありません。これが温暖化と言う物なんでしょうね。あなたは大丈夫ですか?私はすぐにエアコンを付けてしまうので、最近はどれだけ快適に過ごしつつ、節電の方法も勉強しているのであなたにも知って欲しいと思います。

エアコンを使って快適に過ごすには自宅にいる時も、会社にいるときも温度管理がとても大事。特に温度設定が低すぎると「クーラー病」で足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠など・・・「冷え」によって起こるさまざまなことが起こる可能性があります。女性はスカートの人が多いから冷えにはめちゃくちゃ敏感ですよね。

逆に室内温度が高すぎると、室内で熱中症になるケースも最近ニュースで良くみかけます。本当に心配です。おじいちゃん、おばあちゃんに良く見られる症状です。

便利なエアコンも使い方を間違えるとあなたを不健康にしてしまいます。そうならないためにも使い方をマスターして1年を快適に過ごせるようにしましょう。

エアコンを使って快適な生活をするには?

環境省が推奨するエアコンの設定温度は夏の室温は「28度」、冬の室温は「20度」です。

ここで注意してほしいのは「室温」が28度ということです。私も以前は間違えていましたが、エアコン設定温度が28度と言う訳ではありません。

人にもよりますが、28度って結構暑くないですか?

設定温度を間違えてしまうと汗だく、冷えピタ、ハンズフリー扇風機を使って部屋で過ごす羽目になります。職場なら集中力が切れて仕事になりません。

環境省の室温28度っていうのはあくまでも目安です。大事なのは自分や周りの人がどれだけ快適に過ごすことができるか。ということを覚えておいてください。

知っとこ!【夏】エアコンの設定温度

夏にエアコンを使うときの快適な設定温度はどのくらいでしょうか。環境省が推奨する設定温度は28度ですが、人によっては高すぎると感じる人も多いと思います。女性が快適に感じる室温が25度と言われるのに対して、男性が快適に感じる室温がは22度と言われています。

なので28度を暑いと感じる人も少なくないかもしれません。

ですが、電気代を考えると28度に設定して暑いのは我慢すれば・・・なんて考えてしまいますが、その必要はありません。あくまで快適に過ごせる方法があればいい訳なので、その方法は後で紹介します。

知っとこ!【冬】エアコンの設定温度

冬にエアコンを使うときの快適な設定温度は、環境省が推奨する設定温度は20度。ちょっと寒いと感じる人も多いのかもしれませんね。

夏場と違い、冬は着込めば多少の寒さもカバーできる点が夏と大き違ってきます。ただ着込みすぎると動きづらく、人によっては息苦しくなるので、あくまでも快適に過ごすために着込む程度にするのが良いです。

https://kobakatsu.com/archives/1791

エアコンの節電と快適設定

エアコンを使う時に頭に入れておくだけで節電ができる技を紹介します。気温が30度を超えてしなう夏日など猛暑の時に使うと効果絶大です!

しかも、節電もできて一石二鳥なので試してみてください。

【節電1】エアコンはオン・オフを切り替えるより付けっぱなしがお得!

暑くなったらエアコンの電源をオンにして、寒くなったらオフにするなど、オンオフを繰り返していませんか?こまめに切り替えているので電気代が安くなっている気がしますが、むしろ、そのやり方は電気代を損している使いかたです。

エアコンは稼働直後一番、消費電力を使います。エアコンをつけると「ボォォォーー」と大きな音がするのはそのためです。そして設定温度になるまで全力で稼働します。

そして設定温度になってから度々稼働するぐらいなので、実はあまり電気力を使うことがありません。

それに比べて、毎回、電源をオンオフをしていると、いつも全力で稼働するため電気代がかかります。そのため、つけっ放しに比べて月1000円程度、電気代に差がでます。

自宅にずっといるなら「エアコンをつけっ放しにする」のが節電効果が高く、快適に過ごす秘訣です。電源オンで快適に過ごせて、さらに節電もできるなら一石二鳥ですよね、

【節電2】設定温度を1度上げると10%節電になる

部屋の設定温度は1度上げるだけで10%も節電できるって知っていましたか?

これはエアコンの設定温度を26度から28に変更すれば20%も節電ができるということです。普段から比較的低い設定温度なら3度上げるだけで30%も節電ができる計算になります。

今すぐに始められる簡単な節電方法です。

【節電3】風量は「微風」より「自動」が節電効果が高い!

電気代節約のために風量を「微風」にしていませんか?一番効果的な節電は「自動」にすることです。

夏場の「微風」だと設定気温まで少しのパワーで温度を下げていきます。冬場ならゆっくりと設定温度を上げている状態です。例えるなら登り坂をゆっくり自転車で登るようなものです。

 

これを「自動」にすると一気に設定温度まで出力を上げて、温度に達したらあとは一定温度を維持するだけです。例えるなら自転車で一気に登り坂を登って、あとはのんびりしているのと同じです。

どちらが快適に過ごせて、電気代がお得なのか、もうお分かりですね。

【節電4】設定温度を下げる前に風量を変える

これは意外と知らない人も多いんじゃないでしょうか?

実はエアコンの設定温度を変える前に風量を変えると節電できるんです。部屋の室温が高いとどうしても温度を下げて冷やそうとしますが、これからは風量をまず変えてみてください。

これは体感温度にも関係しますが、人は強い風が当たると寒いと感じます。気温が30度で風が強い日は涼しいと感じます。同じ気温で風が弱い暑いと感じます。それと同じです。

エアコンは温度を下げると中のコンプレッサーで冷やすので消費電力が高くなります。そうなると必然的に電気代が上がります。風力なら冷やす行為よりは消費電力はそれほど使わないので結果的に節電になります。 http://hitoneri.com/archives/97

【節電5】扇風機やサーキュレーターを使って空気を巡回させる

扇風機やサーキュレーターを、持っているなら、快適に過ごすために使ってください。

夏場なら扇風機を自分の体に当てることで、エアコンの設定温度はそのままで涼しさを倍増させることができます。

冬場は暖かい温度を部屋中に巡回させることができるので、部屋全体を暖かくできます。これだけで部屋着の枚数は1枚はなくなります。

一人暮らしでロフトタイプの部屋を使っている人もいると思います。ロフトだと冬は暖かく、夏は暑いと感じる人が多いかもしれません。その理由はエアコンから出た冷たい空気は下のスペースに流れ、暑い空気は上に登るのが原因です。

これを解決させるには、扇風機やサーキュレーターの首を上に向けて冷たい空気を上に流してあげることで解消できます。ぜひ、試してみてください。

【節電6】冬は加湿器を使えば室温がUP!!

冬場にエアコンだけで室温を高めようとすると、乾燥して風邪を引きやすくなります。それを防ぐ役割と室温を高める効果があるのが加湿器です。

室内で快適な湿度は40~60%とされています。40%以下だとウイルスが繁殖したり、肌荒れの原因になります。逆に60%以上になるとカビが発生する原因になるので快適な湿度、40~60%をキープした生活が理想です。

また湿度が50%で室温が20度前後あれば、一枚着るぐらいで快適に過ごすことはできます。

年に1シーズンしか使わないものですが、生活をする上であって損はないので、1台は購入したいところです。

加湿だけなら性能の良い機種を買う必要はありません。ご自身の生活にあった機種を購入するのが1番ですね。

【節電7】遮光カーテン、遮熱シートを使って室温をキープする

夏場の熱を防ぐのも、冬場の室内温度を閉じ込めるのも窓ガラスをどう攻略するかにかかっています。そのために必要なのが遮光カーテンや遮熱シートです。

遮光カーテンは、窓から入ってくる外気を物理的に遮断します。室内は暗くなりますが、部屋の温度を逃さないので効果があります。

カーテンが気に入っている場合は遮熱シートがおすすめです。金額的にも手頃で窓に貼り付けるだけなので手間もほとんどありません。

選ぶときは濃い色のものを選ぶと遮熱力は高くなります。その分、視認性は下がりますが、節約には効果バツグンです。ライフスタイルに合った遮熱シートを選ぶのが良いですね。

【節電8】エアコンの掃除は2週間に1度が理想

エアコンの掃除っていつやりましたか?と聞かれたら「・・・」と固まってしまいますよね。年に数回の方もいると思いますし、数年に1度と言う人も少なくないと思います。

でも、本当は2週間に1度、部屋掃除と同じタイミングで掃除をしてあげることが理想です。(あくまでも理想です)本格的清掃は業者にお願いをする必要がありますが、簡単なフィルター清掃ならすぐにできますので、機会を見つけてやってみてください。

フィルターの取り外し方はメーカーにより変わってくると思うので、取扱説明書を読んでください。結構簡単に掃除ができますよ。実際に掃除をするとエアコンの音が違って聞こえたり、エアコンの匂いも変わっているように感じます。

私はワンシーズンに1回程度しかやらなかった人なので、今度からは最低でも月に1度は掃除をするように心がけています。※見本にならなくてすいません。

まとめ

今年の夏もエアコンが大活躍することは間違いないでしょう。年々暑くなるといっあデータもあるので不安です。

そして最近のテレワークの働き方で自宅で仕事をする人も多くなってきました。

その時に重宝するのがエアコンです。そのエアコンを今年から上手に使って節電と快適な付き合いを方をしてみてはどうですか?

すぐにできる節電の方法から、物を購入する節電方法を紹介させてもらいました。あなたのライフスタイルにあった節電をしてみてください。

わざわざ見返さないようにここで簡単にまとめて書いておきます。

  1. エアコンはオン・オフを切り替えるより付けっぱなしがお得!
  2. 設定温度を1度上げると10%節電になる
  3. 風量は「微風」より「自動」が節電効果が高い!
  4. 設定温度を下げる前に風量を変える
  5. 扇風機やサーキュレーターを使って空気を巡回させる
  6. 冬は加湿器を使えば室温がUP!!
  7. 遮光カーテン、遮熱シートを使って室温をキープする
  8. エアコンの掃除は2週間に1度が理想

細かなやり方を見るなら、上の説明をまた見てください。

他に節約術があれば、教えてください。その時は追記をして内容を充実させていきます。

では、今回はこれで、ヒトネリ(@hitoneri)でした。

エアコン サーキュレーター 室温 扇風機 掃除 節約 節電
ABOUT ME
アバター
ヒトネリ
音楽、本、映画を見ることが好き。たまに頑張って仕事しています。趣味でセールスライターの勉強をしていたのでそこそこ書けます。誰かの人生が少しでも豊かになるコンテンツを配信していきます。
読まれています