BABYMETAL

「BABYMETAL初心者ガイド」動画でも振り返れる2010年ー2019年の横アリ、グラストンベリー、名古屋までがわかる。

こんにちは、ヒトネリ(@hitoneri)です。

メンバーは左からYUIMETAL、SU-METAL、MOAMETAL。

突然ですが、BABYMETALって知っていますか?

「カワイイとメタルの融合」をコンセプトに生まれた日本が生んだ世界的なメタルダンスユニット。

アイドル?と言う声もありますが、年齢的なもの、BABYMETALが生まれた経緯などから今もアイドルと言われることがあります。

そこの議論は昔からありますが、彼女らの辿った道を見たらアイドルなんて呼べる訳がありません。

なにより、彼女たちは「BABYMETAL」と言うジャンルを常に追い求めて活動しているので、「アイドル」というジャンルでくくること自体がナンセンスなんです。

これから過去のことを書くにはあまりにも資料が膨大で更に細かな背景まで書く必要があるため、ここでは省かせていただきます。

細かなことは、「広島のすぅちゃん」さんのブログを参考にしてください。
かなり詳しくそして裏付けされた内容が書かれています。

私のブログではBABYMETALのこれからを書いていこうと思います。

今回はBABYMETAL初心者ガイドなので知ってるといい部分と今の展開をお伝えしていきます。

BABYMETALとは?

2010年結成。
2014年3月には日本武道館ワンマンライブ2DAYSを行い女性アーティスト史上最年少記録を樹立。さらに1stアルバム「BABYMETAL」が全米ビルボード総合チャートにランクイン。同年夏からは初のワールドツアーを行い、イギリスの大型フェス 「Sonisphere Festival UK」ではメインステージに登場し6万5千人の観衆を集め、アメリカではレディー・ガガの北米ツアー 5公演のサポートアクトに抜擢される。
2015年5月から北米、中南米、ヨーロッパなど10カ国15公演となるワールドツアーをスタートさせる。イギリスの音楽誌「KERRANG!」と「METAL HAMMER」が主催する2つのミュージックアワードに出席し、日本人アーティスト初となるアワードを受賞する。8月にイギリスの世界的ロックフェス「Reading & Leeds Festival」のメインステージに出演。
2016年4月、2ndアルバム「METAL RESISTANCE」をリリース。全米ビルボードチャートTOP40に、日本人アーティストとして53年ぶりにランクインを果たす。また、同月にはイギリス・ウェンブリーアリーナにて日本人初となるワンマンライブを開催。そして、9月には ワールドツアーファイナルとなる東京ドーム2DAYSで11万人を動員してのワンマンライブを開催。さらには、RED HOT CHILI PEPPERS、 METALLICA、GUNS N’ ROSES、KORNのツアーサポートを行う。
BABYMETALの“メタルレジスタンス” の勢いは止まらない。

BABYMETAL(TOY’S FACTORY)>より引用

「アイドルとメタルの融合」をテーマに2010年結成。メンバーの3人は成長期限定ユニット「さくら学院」の派生ユニットとなる部活動「重音部」から活動を始動。のちに「BABYMETAL」と正式に名前を変更。

ユニット名のBABYが可愛さを、“ヘビーメタル”のMETALが激しさを表し、新しいメタル音楽を生む願いを込めて「BABYMETAL」が作られました。

2012年に「アニメ・フェスティバル・アジア シンガポール 2012」で初めての国外公演を経験。

2013年に歌番組で目標に「世界征服」を掲げ「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を初披露。

 

その後、正式にメジャーデビューシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を発売。

メタルの復興を期する「メタルレジスタンス」がスタート。

2013年にはワンマンツアーを始め、夏には各地の国内フェスに積極的に参加。

10月に埼玉スーパーアリーナ(SSA)で行われたメタル・フェス「LOUD PARK 13」に出演。彼女達がまだ中高生だったこともあり出演がアナウンスされると賛否両論が渦巻き、LOUD PARKの公式Facebook、Twitterが炎上したそうです。

しかし、メタル・フェス「LOUD PARK 13」当日にBABYMETALが始まると巨大なウォール・オブ・デスが発生するなど炎上したとは思えないほどライブは盛り上がりを見せようです。

2014年以降はTOY’S FACTORYの引用を見てもらえばざっくりと分かります。

て2014年以降は各地の海外メタルフェスを始め、レディー・ガガの北米ツアー5公演のサポートアクトに招待され見事に大役を果たしました。

その模様が下の動画です。

 

2016年以降は世界的な大物メタルバンド、RED HOT CHILI PEPPERS、 METALLICA、GUNS N’ ROSES、KORNのツアーサポートバンドのサポートアクトを遂行。

海外フェスのほとんどは自分たちからフェスに名前を売ることなく、フェスの主催者から指名で呼ばれていくことがほとんどだそうです。

最近ではイングランド・ピルトンで1970年から行われている世界最大の野外ロック・フェスティバル「Glastonbury Festival 2019(グラストンベリー・フェスティバル2019)」に正体され参加しました。

YouTube BBC Musicより

グラストンベリーの映像でも分かりますが、現在のメンバーは2名(SU-METAL、MOAMETAL)

YUIMETALは2018年10月に体調不良により脱退。

そして2019年のツアーから3人の選ばれたサポートダンサー(アベンジャーズ)のうち一人がライブ毎に日替わりで召喚。誰が加わるかは狐様のみが知る。Only The FOX GOD Knows

アベンジャーズのメンバー(2019年当時)
・元モーニング娘の「鞘師 里保」
・さくら学院の生徒会長を務める「藤平 華乃」
・元さくら学院 「岡崎 百々子」※
※台湾で行われたフェス。スーパースリッパ19で初登場

6月28,29日に横浜アリーナで行われた「AWAKENS – THE SUN ALSO RISES -」のアベンジャーズの日替わりを見ると
28日:鞘師 里保
29日:藤平 華乃

6月30日の「Glastonbury Festival 2019」は
鞘師 里保

7月2日に行われたイギリスでの「O2 Brixton Academy」のワンマンは
鞘師 里保

7月6,7日で名古屋で行われたARISES – BEYOND THE MOON – LEGEND –
6日:鞘師 里保
7日:藤平 華乃

藤平華乃ちゃんはまだ中学生なので出演時間に限界がある。そのため海外公演は出るのは難しいとの声が高い。
でも彼女のダンスパフォーマンスの高さには驚いた。まだまだな部分も見えるけど、BABYMETALのダンスをここまで忠実に踊れる凄さ、乱れることなく先輩2人に付いていく力強さを今回のライブで感じることができた。

横アリ前にリリースされた「PA PA YA!!」のPVは藤平華乃ちゃん
上のBBCで踊っているのは鞘師 里保さんなので二人の素晴らしいパフォーマンスを見て比べてみて欲しい。

 

これからのBABYMETALはもっともっと進化を遂げるでしょう。

「なんじゃこりゃ!」と思わせるのが彼女達の至高の喜び。

我々メイトは彼女達の動向をこれからも追いかけていく。

世の中のメタルファンに衝撃を与える

メタルを聴く人達はメタルの激しさと繊細なテクニック、男臭さを好んでいる人が多いけれど、彼女達(まだ10代の少女)がメタルをバックに可愛らしく歌って踊っているわけです。

BABYMETAL=メタルじゃねえ!って人は今も多い。でもその人達は聞いたことすら無い人もいる印象です。

もちろん、聞いたけど自分好みではなかった人もいます。私の友人にも何人かいるので否定はしません。どうしても受け入れられないのなら仕方がないです。

ただ、今でも賛否両論はありますが、世界的に人気が高くなり興味を示している人も少なくありません。彼女達の活動が世の人に受け入れられて来ている証拠だと思っています。

BABYMETALを奥深く知る唯一無二の雑誌

BABYMETALの過去を知るならこの雑誌しかありません!


BABYMETALのことを一部のコアなファンしか知らない時から彼女達のライブの様子などを事細かく書いています。本人インタビューはもちろん、プロデューサーのKOBAMETALのインタビューなど盛りだくさんです。

初回本の編集後記で編集の土田氏はこう語っています。

ヘドバン編集長の梅沢とは、昔『音楽生活』という雑誌で編集をしていたことからの先輩である。BABYMETALの鹿鳴館公演の後に「BABYMETALを載せるような雑誌を作ろうぜ! Xが『ヴァニシング・ヴィジョン』を作ったときのような勢いでな。気合い入れろ!」

この文だけでどれだけの熱い情熱でこの雑誌を作っているのかが分かります。

もちろんBABYMETAL以外のメタルバンドもピックアップしているので、私も含め、メタルにこれから興味を持つ人のバイブルとしてもいい雑誌です。

この雑誌を読めばメタル界隈で何が起こっていて、これから注目すべきバンドも知ることができます。

バックナンバーも発売しているので興味があればVol.1から是非読んでみてください。

これだけは知ってほしい!BABYMETALの奇跡

これだけは知って欲しいBABYMETALが起こした奇跡を紹介します。

多くの奇跡はありますが、その中で必ず知っておかなければいけない奇跡が「Sonisphere Festival UK」の出演。

「ソニスフィアの奇跡」とも言われるほどBABYMETALを語る上で外すことができないフェスです。

そしてソニスフィアの出演はBABYMETALの大きな分岐点になっています!

まず上の写真を見てもらうと分かりますが、本来の出演ステージはテントステージ(写真だと下段、THERPAY?と書いてある太文字の二段下)でしたが、Sonisphere Festival UKの公式が出演を報じたことで良くも悪くも大きな話題になったことで急遽メインステージにアップグレード。その結果、

IRON MAIDEN、Deftones、ANTHRAX、GHOSTなど世界的なメタルバンドと同じステージに登壇することになりました。

で思うわけです。日本でも世界でも有名でも無い、むしろ無名。実績もほとんどない。そんな何処の馬の骨とも分からない少女達が海外メタルフェスのメインステージに上がれるわけことはほぼ皆無!本来ならあり得ません!!

あなたが知っている日本で超有名なバンドがいきなり海外フェスに呼ばれてメインステージに上がることなんてまずないでしょう。でも当時のBABYMETALはやってしまったんです。

まずはこの動画を全て見てください。

 

初めは失笑から始めり曲が始めるに連れて徐々に会場全体がヒートアップしていく様。

「イジメ・ダメ・ゼッタイ(I・D・Z)」の頃には後ろの観客も狐サインをするようになり、演者である彼女達の熱気に会場も一つになっていくのがわかります。

 

公式が上げているイジメ・ダメ・ゼッタイは画像が綺麗なので見る価値あります。

この「Sonisphere Festival UK」から海外での活動、認知度は高くなってきます。

ライブの本数も2019年現在で日本はフェスを含めて4-6公演。海外(US、UK)は40公演以上が行われています。

最後。おまけ

ここから先は興味があればお読みください。

私がBABYMETALを知ったのは2014年の秋頃

普段ラジオは聞かないのですが、スマホ用のラジオアプリを新しく入れたのがきっかけでラジオを聞いていました。

そのラジオが「きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイレディオ」を耳にしたのがきっかけです。

そこできゃりーがBABYMETALにハマっていること。BABYMETALがレディー・ガガのサポートバンドとして同隊していたことなどを話していたんですが、

私がその中で「なにそれ?」と思ったのが「4の歌って言う曲があってー・・・」

意味不明すぎる内容に急いで帰宅してYouTubeを漁りました。

 

着替えないままYouTubeをひらいて「4の歌」を検索。

可愛い女の子2人が「よん♪よん♪」言っているわけです。

しかもほぼ「4」しか言ってない。歌の8割は「4」しか言ってない(笑)

その当時、音楽をほとんど聞いていなかったのもあって新鮮と衝撃でした。

本当のBABYMETALに出会う

30分ほど何度も再生を繰り返して、そろそろ違う曲と思っておススメを聞いたのが

BABYMETALが世界に見つかり、レディー・ガガがこのPVを見てBABYMETALをサポートに呼んだほどの代表曲「ギミチョコ!!」

この曲は「4の歌」が可愛く思えるほど頭をハンマーで打ちのめされたような衝撃的な1曲。

私が思っていた10代の女のコが歌う曲の世界観が根底から覆された。

私はそこで本当のBABYMETALの実力を見た知ったわけです。

 

その時の私は何も知識がなかったのでBABYMETALが3人であることも知らなかった程。

無知とは怖いものです。

激しいメタルサウンドの中でもボーカルのSU-METALの歌声はしっかり心に刺さる。

伸びやかで透き通る、心を鷲掴みにされる純粋な歌声。

悪魔の音楽を歌う天使と言うべきかな。

どのくらい聞いたか分からないほどリピートしていたのを覚えています。

ーーーーーーーーーーー

BABYMETALと出会って私の人生に色鮮やかさが加わったと思っています。

もしこれを見ているあなたの人生にもBABYMETALが入る隙間があるなら、

今から始まる奇跡を目にしてみてください。

きっと驚きと歓喜が染めてくれるハズです。

では、ヒトネリ(@hitoneri)でした。

ABOUT ME
ヒトネリ
音楽、本、映画を見ることが好き。たまに頑張って仕事しています。趣味でセールスライターの勉強をしていたのでそこそこ書けます。誰かの人生が少しでも豊かになるコンテンツを配信していきます。
読まれています